益田法律事務所 Masuda Law Office

設立理念

リーガルサービスを企業価値の向上・社会の活性化のための強力なツールとして機能させたい

益田法律事務所は、「リーガルサービスを企業価値の向上・社会の活性化のための強力なツールとして機能させる」という理念のもとに設立されました。

現在、社会の変化のスピードが増すにつれて、その変化に対応した法令やその運用の変更のスピードも増し、その内容は複雑化しています。法令等の適用を受ける人や組織は、それらの法令等に対して、常に迅速かつ的確に対応し続けることが求められています。その中で、法令への対処が、機動的に戦略を実行し、目標を実現する上で乗り越えることの困難なハードルと感じられることがあります。しかし、本来法律は、その社会のニーズに応じて当事者間のルールを事前に明確にすることにより、人々の活動をより円滑かつ合理的にするための潤滑油となるべきものです。そして、その結果として社会が効率化・活性化し、法律のない世界よりも魅力的な世界を実現させることが、社会的制度としての法律の役割であると考えます。

益田法律事務所は、クライアントの皆様の個別具体的なニーズに的確に応えていくために、幅広い法律分野にも機動的に対応できる態勢を整えるとともに、今後もその提供するリーガルサービスの質を追求し続けます。上記のような視点に基づくリーガルサービスの提供を通じて、複雑かつ多様な法律を、ハードルではなく、クライアントの事業や目的を成功に導く強力なツールとして最大限活用するため、クライアントの皆様のパートナーとして、その戦略・目標の実現をサポートしてまいります。

運営理念

益田法律事務所は、全てのクライアントに最高の満足を提供できるように、「最高の品質」、「クライアントビジネスに対する深い理解」、「誠実と情熱」、「緊密なコミュニケーション」、及び「強固な信頼関係」の5つを運営の理念に据えて、日々リーガルサービスのクオリティの向上を追求しています。

1.最高の品質

緻密な成果物を作成することは、法律のプロフェッショナルとしての前提条件であると考えます。提供するリーガルサービスの品質に徹底的にこだわります。

2.クライアントビジネスに対する深い理解

法律的に複数の正解がある事案において、最終的にクライアントにとって最善の選択が何かをアドバイスできるためには、法律の正しい知識のみならず、クライアントのビジネスを深く理解していることが必要です。

3.誠実と情熱

期待以上の結果を出すためには、質にこだわることはもちろん、一つ一つの案件に情熱をもって誠実に取り組むことが大切だと考えています。誠実さと情熱をもって全ての案件に取り組みます。

理念を構成する5つの柱
4.緊密なコミュニケーション

リーガルサービスの質は、法律の専門家以外にはなかなか判断できません。結果さえよければいいという態度ではなく、全てのプロセスにどのような法的意味があるのか、全体像の中でどの段階にいるのかを、丁寧に説明します。

5.強固な信頼関係

クライアントに信頼していただける弁護士とは、上記の要素を着実に実践する弁護士だと考えています。信頼関係のある人間関係を多く持てることは、ビジネスにおいて重要であると同時に、人生を豊かにする要素でもあると考えます。双方向の強固な信頼関係を築けるように、一つ一つの理念の達成のために努力してまいります。

 

益田法律事務所 Masuda Law Office
Copyright© 2008-2016 Masuda Law Office. All Rights Reserved.